アイピルの画像

妊娠を望んでいないのに、もしかしたら避妊に失敗したかも…なんて不安になることがありますよね。そんな時に備えてアフターピルである「アイピル」を使いましょう。避妊に失敗した場合24時間以内にアイピルを服用した場合95%妊娠を防ぐことができます。

避妊に失敗した時はアイピル

例えば性行為をしていて、ゴムをつけていたのに避妊に失敗してしまったというような例は珍しくないはずです。そんな時、女性は不安な気持ちで次の月経を待たなければいけませんが、一刻も不安を取り除きたいというようなときには緊急避妊薬を使うことが推奨されています。その中でもアイピルは、レボノルゲストレルという成分を主成分とした緊急避妊薬でこの薬の効果を早く出すためには24時間以内に服用するのが好ましいとされています。24時間以内に服用することで、避妊できる確率を95%にまで高めてくれるのです。しかしこの効果も性行為をするときのタイミングや避妊失敗からアイピルを飲むまでの時間、女性の月経などのタイミングなどによって左右されます。この薬は効果は確かなのですが、日本で販売されているものではありません。個人輸入代行を使ってネット販売業者から商品を取り寄せるという人が多いようです。主成分が同じ薬として病院で処方されている薬が日本にはあります。それを購入してもいいのですが、その薬は1万前後の薬代がかかってしまいますので、2千円前後で買えるアイピルと比べるとかなり高価なものになってくるのではないかと考えられます。特に緊急避妊薬とはすぐに飲むことで効果が確実になるものです。個人輸入代行のようなネット販売を通して購入しておくと何かあったときにすぐに服用できますが、日本で販売されている薬は基本的に医師の診断が必要になってくるのですぐに服用できません。もし緊急で困っているという場合にはネット販売のほうが早く薬を届けてくれますので、それを利用するのもいいのではないでしょうか。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

アイピル服用後の副作用

アイピルは、緊急避妊用として使用されるジェネリック医薬品です。計画的に毎日服用するピルと違って、避妊に失敗してしまった場合でも24時間以内に服用すると95%、72時間以内で75%という高い割合で避妊効果が得られます。
通常女性の身体には一定の女性ホルモンが存在していますが、アイピルを服用する事により体内での女性ホルモン量が急激に増加するとで様々な作用を及ぼします。排卵の抑制や着床の防止などの避妊効果と副作用の問題があります。副作用としては頭痛、めまい、嘔吐や倦怠感、不正出血などがあります。これらは毎日計画的に服用する通常のピルでもおこる症状ではありますので、身体が慣れてくると自然に改善されます。副作用には個人差がありますが、とくに嘔吐が多いので食後の服用がおすすめです。またひどい方は、一日から2日ほど全く動けない方もいます。すでに妊娠して要る場合はさらに深刻です。誤って服用した場合妊娠がすすむほど女性胎児であれば外性器の男性化、男性胎児であれば女性化がおこる場合があります。現在アイピルは多くの女性達に人気のピルで緊急避妊効果以外に日常的に毎日服用する方が増えています。生理痛の軽減や肌荒れの改善など女性ホルモン特有の効果は期待できますが、長い期間服用することで、副作用も強くなります。また反対にホルモンバランスが乱れて、湿疹や乾燥肌などの肌トラブルも増えています。とくに湿疹の場合は、頭のてっぺんから足先まで全身に発疹しますので、時間がかかります。頭痛、嘔吐とともに非常に頑固な便秘の障害も大きいでています。食生活では、バナナを始め食物繊維の摂取に注意して早く改善させた方が、他の副作用にも有効です。

アイピルの購入方法

アイピルはアフターピルであるノルレボのジェネリック医薬品です。性交渉中に、避妊に失敗した場合に使われることが多く、24時間以内に服用すれば高い確率で避妊が成功するとされています。しかし服用したから絶対に妊娠しないわけではないので、しばらくは注意が必要ですし、服用しても月経が来ない場合は妊娠検査薬を使用してきちんと確認するようにしましょう。アイピルを購入する場合は、医療機関で処方してもらか薬の通信販売で購入することが出来ます。ジェネリック医薬品なので医療機関でも比較的、安価に購入することが出来ますが、通信販売の場合は個人輸入を利用している業者が多く、医療機関で処方してもらうよりも安く購入することが出来ます。しかし通信販売を利用する場合は自己責任が付いてくるので、偽物を購入しない様に信頼出来る業者を選んだり、副作用に関してなど疑問に対して真摯に対応してくれる業者を探す必要があります。通信販売が怖いと感じたら、医療機関で処方してもらう方が良いでしょう。処方してもらう際に医師によるアイピルの使用上の説明や副作用の注意、服用後に問題があるような症状など、詳しく説明してもらえ安心して購入し使用することが出来ます。仮にアイピルを医療機関で処方してもらい、使用感に問題が無ければその後、通信販売を利用しても良いでしょう。また通信販売では処方箋なしでも購入することが出来るので、わざわざ処方箋を貰いに医療機関へ行かなくても大丈夫です。アイピルの購入方法は上記の2通りありますが、自分が安心して使用できる方法を選ぶことが大切です。手軽に入手できるとはいえ、薬であることには変わりがないので、安心安全に購入し、使用する環境を整えましょう。